カートをみる マイページへ ご利用案内 お問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

赤ちゃんの祝い事

帯祝い

・妊娠5ヶ月目に入った戌の日に帯を巻く

帯祝いは、腹帯をお腹に巻くことがメインの行事です。

腹帯を巻くことで母になる心構えをします。

犬が多産でお産が軽いことにあやかり、安産を願って妊娠5ヶ月目の「戌の日」行われました。

腹帯は母方の実家が用意するといわれていますが、自分で買ったり、神社で用意してもらう方も多いようです。

地域の守り神でもある産土神(うぶすながみ)や、鬼子母神などの安産の神様に

お参りに行く風習は今も広く行われています。

お七夜

・誕生から数えで7日目の夜に行う命名の行事

赤ちゃんが産まれた日を初日とし、7日目の夜が「お七夜」です。別名「名づけ祝い」ともいいます。

赤ちゃんの名前を披露して、健やかに成長することを願います。

半紙などに赤ちゃんの名前や生年月日などを書いた命名書を神棚につるすのが一般的です。

現在では神棚や床の間は、マンションや団地ではない場合が多いので、

ベビーベットの枕元の壁やリビングなど、家の中で一番目立つ場所に飾ります。

お宮参り

・生後1ヶ月ごろに土地の守り神にご挨拶

産まれた土地の守り神(産土神)にお参りして赤ちゃんの健やかな成長をお祈りします。

その地域の一員になた事を認めてもらう行事です。

お宮参りは、地域によって様々ですので、その地域の慣例に習うようにするとよいでしょう。

初節句

・産まれて初めて迎える節句

初節句とは、女の子は3月3日の「桃の節句」・男の子は5月5日の「端午の節句」に、

赤ちゃんの無事な成長を祝い、今後の健やかな成長と厄除けを願う行事です。

初節句には、ひな人形・鎧兜などが祖父母から贈られ、身内や親しい人を招いてお祝いをします。

ただし、産まれてすぐ節句を迎えたり、まだ首が座ていないうちは、

翌年に節句を行っても問題ないようです。

初誕生日

・満一歳の誕生日

赤ちゃんが初めて迎える誕生日は、「歩き祝い」や「餅誕生」とも言われ、地域によって様々な祝い方をします。

一升のの餅を風呂敷に包んで背負わせる祝方や、困難を乗り越えて成長するようにと、

足で餅を踏ますというのが全国的に多く行われているようです。




                                                                  

出産祝いオーガニックギフト

ページトップへ