カートをみる マイページへ ご利用案内 お問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

赤ちゃんをお風呂にいれる準備

入浴は赤ちゃんの体を清潔にするだけでなく、

皮膚や粘膜を鍛える効果もあります。

体調や気候に合わせて1日1〜2回、沐浴をさせてあげましょう。

夏は午前中、汗を流し、汗もをふせぐためにも行水程度に一回、

夕方にはゆっくりといれてあげます。

冬は室温を22〜23度に保ち、湯冷めしないよう手際よく入浴させます。

*準備するもの*

・ベビーバス(生後1〜2カ月ごろまでは大人とは別にしましょう)

・洗面器

・バスガーゼ(身体にかける用)

・ガーゼ(身体を洗う用)

・バスタオル

・湯温計(なくてもよい)

・ベビー用の低刺激のせっけん

・湯あがり後の衣類(出たらさっと着れるようセッティングしておく)

・綿棒(鼻や耳を綿棒をくるくるしながら回しとる)

・爪切り(新陳代謝が活発な赤ちゃんはつめが伸びやすいのでこまめに切ってあげましょう。)

*お湯の温度*

夏 38〜39℃

冬 40〜41℃

*入浴時間の目安*

10分程度

出産祝いオーガニックギフト

沐浴の手順

‘浴に必要なものを準備したら(前項参照→

ベビーバス、洗面器にそれぞれ適温のお湯をいれます。

お湯は必ずかき混ぜ、熱くないことを確認します。

∪屬舛磴鵑縫丱好ーゼをかけ、

左手首に赤ちゃんの身体を、手のひらに頭をのせます。

このとき、親指で右耳を、中指で赤ちゃんの左耳を押さえ、お湯が入らないよう気をつけます。

空いている手で、赤ちゃんのおしりを支えながらゆっくりとお湯につけます。

4蕕ら順に洗っていきます。

洗面器のお湯でガーゼを濡らし、

まぶた→目の周り(数字の3を描くように)→鼻すじ→口のまわり を洗います。

ぜ,枠韻鮴います。手に石鹸を軽く付けて泡立て、頭を前から後ろになでつけるように洗い、ガーゼで石鹸をおとします。

イ△瓦硫次⊆鵝∀討硫次⊆蠅里劼蕕覆匹びれたところは

汚れが特にたまりやすいので、丁寧に洗います。

Χ擦ら、お腹、陰部、おしり、足と順に洗っていきます。

背中を洗います。

上向きのまま背中に手をまわすか、裏返して洗います。

聞き手にひじから下を使って赤ちゃんの脇に手をかけるようにします。

この時赤ちゃんが苦しそうにしていないかきちんと見てあげて下さいね、

╂い終わったら1〜2分ほど身体を温めます。

上がる直前に上がり湯をかけてあげます。

あまりぬるすぎず、熱すぎないものをかけてあげます。

バスタオルでくるみ、軽くおさえて丁寧に水気を拭きとってあげます。

用意した衣類をさっと着せて、ケアをしてあげましょう。

赤ちゃん大好きお風呂♪

出産祝いオーガニックギフト

ページトップへ