カートをみる マイページへ ご利用案内 お問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

NOCラベルについて

NOCエコ加工規準

・NOCエコ加工規準

(日本オーガニックコットン流通機構)

1. 正統な認証機関が証明した有機栽培綿
  オーガニックコットンを 常に100%使用する。
  一般綿とは、いかなる理由があっても 混合しない。

2. 化学合成繊維との交織、交編はしない。
  ただし製品機能上伸縮性が必要な場合はスパン糸の混用規準を
  15%程度とし、混用内容はすべて表示する(靴下、肌着等)。
  異種天然繊維との交織、交編は有機認証のあるものに限り、
  混用限度を40%とする(ウール、シルク、麻等)。

3. 綿本来の性能以上を求めた化学処理「薬剤による機能増強加工」はしない
 (機能増強加工とは漂白、化学的染色、捺染、防縮、柔軟等を示す)。
  草木染め等 安全性が確認された天然染料での染色はできる。

4. 製品加工工程上、必要とされる化学合成の補助剤は常に最小限を求める
 (糸のロウ付け、糊付け等)。
  ただし完成品にそれらの材料が残留しないよう十分に洗浄する。

5. 天然素材以外の化学合成の部材の使用規準は、全体重量の10%とし、
  内容をすべて表示する。(芯地、裏地、刺しゅう糸、アップリケ、ファスナー等)

6. スピンドル、ゴムひも、テープ、表示ネーム、ボタンなど付属材料は
  生分解性の観点からできるだけ天然素材を使用する。

7. 縫い糸は、できるだけオーガニックコットンを使う。
  強度的に耐えられない製品については、合成繊維の縫い糸を
  使用できるが部分的最小限とする。
  ただし、漂白、蛍光加工していない 縫い糸を使用する。

8. ぬいぐるみの中綿は、できるだけオーガニックコットンを使用する。
  デザイン、表現上やむをえない場合、一般的に安全性が確認された
  合成繊維(ポリエステル、ナイロン等)を使用できるが、中綿量は、
  一個当たり500g以内を規準とする。ただし、生分解性の観点から
  天然繊維(パンヤ、とうもろこし繊維、竹繊維等)への転換に
  努力しなくてはならない。

9.Tシャツその他のプリントについては、より安全性の高いインクを使用し、 
  プリントの最大面積は本体面積の10%程度を規準とする。
 (10%の面積とは大人のTシャツで約30センチ四方程度)
  但し安全が確認された天然素材でのプリントの場合はプリント面積の限定はしない。

10. 洗浄の際はエコロジー、健康保持のため化学合成の洗剤を使わない。
 (天然石けん、洗濯石セラミックス、電解水、バイオ洗浄を推奨)

※以上の使用限度を示す数値の許容誤差範囲は3%とする

オーガニックグリーンラベルについて

オーガニックグリーンラベル

・オーガニックグリーン規定

(日本オーガニックコットン流通機構)

1.混用率    (1)オーガニックコットンに一般綿を混紡することはできない。

          (2)天然由来の繊維の混用率は50%を限度とする。
           *天然由来の繊維とは、絹、麻、毛のほかとうもろこし繊維、
            竹繊維、パルプ繊維など原料が天然の材料であることを示す。
           *布地の共用使用限度は、面積比30%とする。  
           *一般綿については、天然繊維であるが、混用率試験で
             オーガニック綿との区別ができないため混用不可とする。
             オーガニックの布地に一般綿の布地を共用することも不可とする。
             但し、服飾材料として部分的に使うことはできる。(ステッチ、ポケット、アップリケなど)

          (3)石油系繊維は、基本的に混用ができないが、ポリウレタン伸
            縮性ゴムなど機能性を目的とした合成繊維は30%を限度として交編、交織できる。

          (4)混用の内容の表示は正確に行われなければならない。

2.機能性加工 (1)漂白、染色、柔軟加工など特に規定はしないが、
             生産者はオーガニックコットンの本来の意義である環境保全に即した加工方法を選ぶものとする。

3.服飾材料   (1)ボタン、ジッパー、アップリケなどの使用規定は特にないが、
            生産者は素材面で環境保全に即したものを選ぶものとする。

4.表示      (1)NOCの基本的な姿勢は、いつでも生産背景を明らかにし、
            購買者が十分に納得することとする。混用率、使用薬剤など明示する。

フェアトレードについて

アジア・アフリカにおいて、綿の栽培は、古くからさかんに行われてきました。
しかし、悲しいことに、この歴史ある産物は、イギリスの産業革命以降、
安い労働力の上にこそ成り立つ産業に変わりました。

より安い綿製品を作るために、
農村や工場の労働者は厳しい労働に苦しめられ、
不当に安い賃金で働かせられました。
そのような搾取的な労働が当たり前のように行われてきたのです。

そして、それは21世紀の現代も変わることなく続いています。

大量販売・安売りの衣料品が多く普及する背景には、
いつも辛い労働者の姿があります。


オーガニックコットンの認証基準のなかには、
すでに、農業者の権利を守る項目があり、
フェアトレードの取引が基本になっています。
【フェアトレード・・・公正取引。途上国の生産者に公正な賃金や労働条件を保証した価格で商品を購入することで、
途上国の自立や環境保全を支援する国際協力の新しい形態。】

労働を提供している国の実情に目を向け、
正当な賃金を払い、
働く環境を整え、
子どもの就労を禁じ、
働く人の権利を保証したうえで取引をするよう、様々な取り組みがなされているのです。


【オーガニックプロジェクト】
農業者の有利点


〔覆魄貭螳幣紊硫然覆之兮嚇に買い取ります。
 (搾取的な労働が行われている一般の綿花栽培農家ではわずかな利益しかありません)

農薬を使わないので、借金をする必要はありません。
 (一般の綿花栽培には大量の農薬を必要とします。
参考までに、世界全体の農薬使用のうち、約10%が綿花栽培に使われています。)

G戚瑤鮖箸錣覆い里如農薬の害で身体を壊すこともありません。
 晴々と元気に収入を得て、暮らしていくことが出来るようになるのです。


大切にしていきたい私たちの根底にある一つが
この「フェアトレードの精神」です。

参考文献 日本オーガニックコットン流通機構ホームページより                                       



                                                                  homeホーム

貧困救済支援について【出産祝いのコトン】

貧困救済支援

NOCラベルを添付してある商品には、2円の支援金が含まれています。


教育1教育2

教材の提供。

教育施設の提供。

医療井戸。

bioRe プロジェクト巡回医療サービス。

井戸(飲料水)の設備の提供。


井戸は、資材などの設備を用意し、

建設は、現地の方にしてもらっています。

なぜなら、井戸が壊れた時のメンテナンスを自分たちで出来るようになるためです。

ヘルプではなく、サポートをし自立できる支援が行われています。


学習。

この貧困支援救済の活動の対象者は、

オーガニックコットン農場で働く人々とその家族です。


【活動の内容】

1.生活基盤の整備:給水・排水・公衆衛生設備・バイオガスプラント

2.教育施設の整備:オーガニック農業の訓練場・子弟の教育設備

3.医療サービス:医療設備を備えた大型バスで農村を巡回診療をする

4.食料援助:食料不足がある場合は援助する

詳しくは、日本オーガニックコットン流通機構をご覧ください。

出産祝い

ページトップへ