カートをみる マイページへ ご利用案内 お問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

早くしなさい!

気持ちの良い朝、清々しい一日の始まりに、皆さんは子どもさんにどんな言葉をかけていますか?                                                                                                                        
我が家でも以前は四コマ漫画のように「早く」「はやく」の連発でしたし、私はとってもイライラしてました。。                                                                                                                        
「おはよう」よりまず先に「早く起きなさい!」次に「早くご飯食べなさい!」「早く服を着替えなさい!」「早く歯を磨きなさい!」                                                                                                                        
ご飯を食べながらも早く早くとせっつき、「早く行かなきゃ遅刻するでしょ!」などなど、私たち親の(子どもを思ってこその)                                                                                                                        
小言は続きます。                                                                                                                        
帰宅すると今度は「早く片付けなさい」「早く宿題しなさい!」「早く明日の用意しなさい!」などなど、エンドレスに続きます。                                                                                                                        
皆さんのお宅はどうですか?「いやいや。私はそうじゃない」「うちとおんなじだなー」「そうそう!言っちゃう言っちゃう」など                                                                                                                        
色んな感想や思いをお持ちだと思います。もしかすると、言っていることに気付いていない方もおられるかもしれません。                                                                                                                        
                                                                                                                        
ここで皆さんに質問です。早く起きるのは誰の仕事でしょう?ご飯を食べるのは?服を着替えるのは?                                                                                                                    
そうです。全部子どもの仕事なんです。私たち親が代わってやってやれることは残念ながら一つもありません。                                                                                                                        
だから、早く気付くようにと「早く」「はやく」を繰り返し言ってしまうのです。(何度も言いますが子どもを思ってこそです)                                                                                                                        
しかし、だからと言って、こどもが何歳になっても「早く」「はやく」と声掛けするのが子どもにとっていいことなのでしょうか?                                                                                                                        
                                                                                                                        
こどもはみんな、自分の行動を選択する力と選択を実行する力、間違った時には軌道修正する力を備えています。                                                                                                                        
ですが、それを私たち親に邪魔されてしまうと、自分の力を発揮するまでもなく親の力を頼ってしまいます。                                                                                                                        
幼いころから、小さな失敗をたくさん経験することで、大人になり困難に立ち向かえる方法を学ぶこともできます。                                                                                                                        
小さいうちの失敗は取るに足りませんよね?もちろん、年齢に応じて出来ないことは親がサポートする必要があります。                                                                                                                        
私が出来ること・・・それは「早く」を言わないこと。そして朝起こすのもやめました。もう2年になります。子どもたちは自分で                                                                                                                        
起きてくるようになりました。(朝を起こすのをやめるときには子どもたちにきちんと「起こさないこと」を伝えました)  
    

オーガニック布ナプキンの通販


聞いているつもり

私の仕事は話を聞く仕事です。赤ちゃんを持つお母さんから、100歳近くのおじいちゃんおばあちゃんまで幅広い年齢層の方
のお話をお聞きしています。そんな私に色々な方が「話を聞くのは得意でしょう?」
「こどもさんの悩みもしっかり聞いてあげているんだろうね?」とおっしゃって下さいます。でも、そうじゃないんですよ。

 数年前、ある研修に参加し、びっくりするようなことを教えてもらいました。「人は自分が思っているほど、相手の話を聞いて
いない」、と。さらに話の9割を聞いていないというショッキングなデータがあることも教えてもらいました・・・何ということでしょう!!
ショックを受けながら自分のことを振り返ってみました。自分は相談者の声をきちんと聴けているか?
大切なことを聞き逃していないか?もちろん、大切な家族のことも同じです。
 仕事では全神経を集中させ、相手が何を言いたいのか、言葉だけではなく、表情や仕草、雰囲気から相手の伝えたいことを
感じようと努力します。しかし、振り返ってみて家庭では違いました。台所でご飯を作りながら、洗濯物を畳みながら、夫や子どもの
言うことを目も合わせずに返答していることが多いなと気づきました。もちろん、私は考えて返答をしているし、怒っているわけ
でもありません。でも、夫や子どもはどんな気持ちだったかな、と反省しました。

 子どもは何気ないサインを送ってきます(もちろん大人もですが)。言葉だけではなく、表情や視線など普段と違う雰囲気で、
言葉だけでは表現できない自分の思いを訴えてきます。言葉にはなかなかできない、だけどこの気持ちを誰かに分かって
もらいたい、そんな気持ちは誰にでもありますよね。
 嬉しいとき、悲しいとき、不安なとき、つらいとき、心配事があるとき、心が落ち着かないとき、そんな時にわたしたち親がしっか
りと受け止めてあげることが出来たら、どんなに子どもはほっと落着き安心できることでしょう。
私はそんなお母さんになりたいな、といつも思っています。
話を聞く時には相手の顔を見ながら、話を聞いて、目を見て返答をする。恥ずかしければ、鼻のあたりを見ていても、
相手には自分の目を見て話をしているように感じるそうです。子ども(夫や妻)から、話しかけられたら、
ぜひ手を止めて、目を見て答えてみてください。いつもと違う返答が返ってくるかもしれません。

オーガニック布ナプキンの通販

ページトップへ