カートをみる マイページへ ご利用案内 お問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

カウンセリングとは?

○カウンセリングとは?

「カウンセリング」という言葉は、

いろんなところで聞くようになってきましたね。

化粧品屋さん、エステ、、、これらは

「カウンセリングセールス」と呼ばれるもので

お客様のお肌の状態や、嗜好を聞いて

相談に乗りながら販売していく形式のことです。

こう聞くと、女性には少しカウンセリングが身近に

感じることが出来ますね♪

これからお伝えしていきたいのは

セールスカウンセリングではなく、

「心理カウンセリング」についてです。

お肌の相談は、目に見えますよね。

でも人の「心」は目で見ることが出来ません。

人は心の状態を伝えるための手段が色々とあります。

それは「言葉」「しぐさ」などで、

そういった心理的なものにもとづいて支援をしていくことが

カウンセリングなんです。

こんな経験ありませんか?

悩んでいることがありそれを友人に相談したら

スッキリした!なんて経験皆さんありますよね。

その時に「アドバイス」をしてくれた人よりも

「ただ聴いてくれた」人と話した方が

自分の中で気持ちの整理が出来るんです。

なぜなんでしょうか?

もちろんアドバイスが全部うまくいかない

というわけではありません。

これを心理学では「カタルシス(浄化)」といいます。

カウンセリングでは、このように

相談者の話しをひたすら聞くということが大切になってきます。

では続きは、また今度!

最後までお読み頂き有難うございました。



出産祝い・出産準備のコトン

カウンセリングの意味とは?

カウンセリングの定義について。

「定義」と言うと少し難しい感じがしますね(>_<)

カウンセリング【counseling】

学業や生活、人間関係などで悩みや適応上の問題をもつ人に対して、

心理学的な資料や経験に基づいて援助すること。

by 大辞泉JapanKnowledge

インターネットで調べるとこの様に記載されていました。

カウンセリングとは本来

「援助」「助言」「指導」

等の意味があります。

カウンセリングにおいて

相談に来た人を「クライアント」

といいます。

カウンセリングとは、

カウンセラーが、相談に来た人と話していく中で、

クライアント自身の不安やわだかまりなどの感情を

ほぐしていきながらありのままの自分を受け入れて

いくことをサポートしていくことが目的です。

また少し難しいですかね(-_-;)

カウンセラーが一方的に話して解決していくのではなく

クライアントとカウンセラーが、

話していく中で、クライアント自身が自分自身を

受け入れていくことをサポートする。

それが、カウンセリング♪

もちろん!

専門的な知識で適切な援助を行うことが大前提となります。

ここで、大切になってくることは、

「聴く」こと!!!

「聞く」ではないんですね。

【聴く】こと!

読み方は同じ「きく」ですが、

カウンセリングにおけるキクは、こちら聴くです。

文字を分解すると・・・

「聴」

・耳

・十個の目

・心

に分解できます。

耳と、十個の目を使って心で聴くということですね。

これ凄いですね!!!

この聴くのお話しは、凄くすごく大切なので

また次回お話しいたします。

今日は最後にお知らせがあります。

出産祝いに大人気のベビーバスポンチョなどの

今治パイルシリーズが累計販売枚数

2013年10月時点で3,200枚を突破いたしました!!

いやー感無量です(^−^)

3,200枚と言うことは、

3,200人と言うことは

3,200棟のおうちで、

全国で3200人の方にご利用いただいているんですね。

お祝ごとによくご利用頂くので、

お祝をされている温かいご家庭で使われていると思うと

とても嬉しくなります。

有難うございます。



出産祝い・出産準備のコトン

「聞く」と「聴く」の違いについて!

カウンセリングの基本は、1にも2にも3にも

まずは、聴くこと!!!

聴くっていたって、私人の話しきいてるよ♪

と思われる方も多いと思います。

この記事を書いている私自身もその一人です。

by 国語辞書の検索結果 - 大辞泉(JapanKnowledge)

き・く【聞く/聴く】

1 音・声を耳に受ける。耳に感じ取る。
2 (聴く)注意して耳にとめる。耳を傾ける。

カウンセリングをおこなう場合のきくは、

クライアントの「しぐさ」「こえ」「沈黙」なども含めて

耳を傾けて聴くということが基本になります。

「傾聴」という言葉をご存知でしょうか?

辞書を引くと、耳を傾けて、熱心に聴くと載っていました。

「傾聴」とは、クライアントの話をそのまま受け止め、

共感的に受容しながら、クライアントの話しに耳を傾けることです。

そこで、カウンセラーは、クライアントの話を

真摯に受け止め聴き、その受け止めた事実を「そのまま伝える」

そのことにより、クライアント自身がもう一度自分を見つめなおし、

気付くことでその不安を緩和させることが重要になってきます。

少し難しく感じですよね(-_-;)

これがなかなかできない!

しているつもりでも・・・

私の場合は、パートナーの話を

「うん、うん、でもね!・・・」

「そっか〜私は・・・思うよ!」

とか、

「でも、」とかいって相手の話を中断してしまったりしていることがります。

皆様はいかがでしょうか?

一度、ご自身のコミュニケーションを客観的に

聴いてみると面白いかもしれませんね。

録音なんて言うのは、まさに客観的に聞くことが出来ます。

お相手の許可を取った上で、

録音してみるのも面白いかもしれませんよ♪

私も今度試してみます(笑)

相手の話を聞くというのは、

親子、兄妹、上司、部下、同僚、取引先・・・

色々なところで必要なスキルですよね。

本当の意味で相手の話を深い部分で

聴くことが出来たらどうでしょうか?

あなたが、逆の立場で相手に

自分の意見や話を聞いてもらったと感じた時

どんな感情が残るでしょうか?

考えただけでもワクワクしてきます(^−^)

ちょっと早いと思うかもしれませんが、

来年に出産をひかえられた妊婦さんは、

そろそろ出産の準備を検討されてる頃かもしれませんね。

当店自慢の出産準備おまとめセットをご用意してお待ちしておりますね♪

日に日に寒さが、きびしくなってきておりますので

皆様お身体ご自愛くださいませm(__)m

ではまた、次回は、カウンセリングで大切なものにつて

お話ししていきたいと思います。



出産祝い・出産準備のコトン

カウンセリングでとても大切なこと!

カウンセリングを行う上で、

カウンセラーとクライアントの関係においてとても大切なことがあります!

何だと思いますか?

それは、

「信頼関係」です!

当たりまえじゃん!という声が聞こえてきそうですね(>_<)

でもとても大切なことなんです!

ではどうやってその信頼関係を築くのでしょうか。

そこでカウンセラーに求められる

適性や態度があるのです。

1つづつ説明していきますね。

―秧萓

カウンセラー自身が自分をごまかすことなく自己開示し、

クライアントと接すること。これを「純粋性」と言います。

カウンセリングでは、

クライアントの話に対して、反論や批判を加えることなく

尊重しながら、出来る限りクライアントの気持ちを理解しようとする

必要があるのです。

良い悪の価値判断をするのではなく、

クライアントの気持ちを尊重し、包み込むこととが大切です。

そうしていく中で、こういう考え方も出来るのかと

クライアント自身に気付きを与えることが大切です。

クライアント自身がありのままの自分を受け入れることにより

悩みや不安を緩和することが出来ます。

文章で書くとこんな感じでしょうか?!

なかなか文章にするのは難しいですね。。

この根底には、

問題を解決するのは、

自分自身が成長していこうと考える

クライアント自身であるという考えがあります。

これは、

クライアントが本来持っている治癒能力を引き出すことが

カウンセラーの役目であるともいえます。

このような考えを提唱したのが

アメリカの臨床心理学者C.Rロジャーズです。

あと2つあるのですが・・・今日はこのあたりで辞めておきます。

私自身、まだまだ勉強中の身なので、

もし間違えた情報がございましたらお知らせください。

当店では、出産祝いにポンチョが一番人気なのですが、

人気を2分する商品がもう1つあります!

それは、ベビーバスローブです。

バスローブは、出産祝いに定番中の定番商品かもしれませんね

これからの季節は、お風呂上りの湯冷めが心配ですよね。

赤ちゃんが風邪をひいたら、大変!

だから、湯ざめ防止にもなるポンチョやバスローブは

これからの季節も大活躍です!

是非!是非!贈り物にご利用ください。



出産祝い・出産準備のコトン

カウンセリングで大切なこと

前回は、カウンセラーに求められる大切な態度

純粋性」についてご説明しました。

今日は2つ目の大切な態度・・・

それは何だと思いますか??

それは、「無条件の肯定(的配慮)」です。

「受容」と呼ばれることもあります。

自己受容が出来ているとか、他者受容とか、

お聞きになられてこともあるかもしれませんね。

無条件の肯定とは、

相手をかけがいの無い独自の存在として尊重する態度のことです。

これも文章で書くと、なんだか分かったような

分からないような感じがしますね(>_<)

例えば、出産を控えた妊婦さんが

出産に不安を感じたり、怖くなったり

心配になったりすることがあると思うんです。

そんな時に、旦那さまが

「そっか、出産が不安なんだね。」

「出産するのが怖いんだね。」

のように、奥様の気持ちをそのまま受け入れて受容すると

安心したり、さらに話をしようと思ったり

不安に感じている妊婦さん自身が、

自分が考えていることや感じていることを

素直に表現しやすくなります。

逆に、

「大丈夫!大丈夫!!心配いらない!!」と励まされたり、

「〜こうしたらいいよ。」とアドバイスされたり、

それで、うまく気持ちの整理がつく場合もあるかと思いますが

奥様は、「あー分かってもらえなかった(-_-;)」となるケースがあります。

この2つの違いはなんでしょうか?

先程のべたカウンセラーに大切な態度「無条件の肯定」です。

肯定しているのか、していないのかということです。

人は誰でも

話を聞いてもらいたい!

分かってもらいたい!

と思っていますよね。

だとすると、

それは違うと否定されたり、

怖さや不安な気持ちがあるのに、

それを分かってもらえないと

これ以上話しても駄目だ〜と言うことになるんですね。

実際に無条件に肯定するということは

とても大変なことです。

だからこそやりがいもあるんですけどね(^−^)

では今日はこの辺で、やめておきます。

次回は、3つ目の大切な態度についてご説明しますね。

あ!出産祝いの紹介を忘れていた(>_<)

今日は時間がないのでまた今度ご紹介させて下さいm(__)m



出産祝い・出産準備のコトン

カウンセラーの態度で大切なこと6Υ凝理解

カウンセラーにとって大切な態度

1つ目は、「純粋性

2つ目の前回は、「無条件の肯定(的配慮)」でした。

ではこの度は、カウンセラーにとって必要な態度

3つ目についてご説明します(^−^)

タイトルにも書きましたが、

ずばり!「共感的理解」です。

共感し理解する・・・そのままですね(笑)

では実際にカウンセラーには、何が求められるのでしょうか?

クライアント(相談者)の主観的な見方、感じ方、考え方、などを

その人のように見たり、感じたり、考えたりすることです。

これが難しい・・・なかなかできない(-_-;)

修練が必要ですね。

カウンセラーとクライアントに関わらず、

親子関係、夫婦関係、上司と部下・・・

いろんなケースでも使えそうなお話ですね。

人の話を聞いていると、

無意識に自分のケースや体験に当てはめて

話を聞くことがありませんか?

特に親子関係などでは、

親である年長者の方が経験や知識も多いので

つい自分の意見や考えを話したくなってしまいます。

でもそれでは、相手の話を聞き

共感的に理解したことにはならないですよね。

夫婦関係においてはどうでしょうか?

出産後のママは、出産を終えて心身ともに疲れています。

そしてなれない育児・・・不安や葛藤、

いろんな感情が出やすい時期です。

そんな時に周りに共感的に話を聞いてくれる人がいるのと

話す相手がいないのでは、

随分と精神的な負担が違ってきますよね。

共感的に話を聞いてもらい、

理解してもらうことで、

相談者はわかってもらって安心します。

アメリカの臨床心理学者C.Rロジャーズは

問題解決を可能にするのは、自らが成長していこうと考える

クライアント自身であると考えました。

うまくまとめることが出来なくなってきました(笑)

相談者自身が、

自然と向上心を持って問題を解決していく姿勢が

大切なんですね。

では今日はここまでにします!

あと、12月になりいっきにクリスマスムードが高まっています!

コトンでも出産祝いやベビーギフトにも最適な

クリスマス用の包装紙をご用意しました

今月25日までの期間限定のサービスとなっております。



出産祝い・出産準備のコトン

カウンセリングのルールについて!

こんにちは。

2013年今年も残すところ後わずかとなりました。

皆様にとってどんな一年だったでしょうか?

当店にとっては、多くのお客様より出産祝いとして

プレゼントされたり、コメントをいただいたり、

いくつかの新商品を発表させていただいたりと、

反省点もありますが、充実した1年でした。

そして、何よりも色んなことにトライした年でもありました(*^_^*)

さて、ご報告はこれくらいにして、

4回目の今日は、「カウンセリングのルール」についてです。

日常生活をおくっていく上でもルールは大切ですよね。

例えば、

朝起きたら「おはよう!」

食事の前には「いただきます!」

外出時は家の鍵を閉める!

など、当たり前のようにしているけどとても大切なルール。

カウンセリングにおいても当然のことながらルールがあります。

箇条書きにしますね。

○守秘義務

○公私混同の禁止

○適正な報酬を得る

○カウンセラーの自覚

何もカウンセリングに限らず、

上記の内容は、どんなお仕事にも言えることですね。

この中で私が特になるほどと思ったのは、

「カウンセラーの自覚」です。

では、カウンセラーの自覚とはどのようなことでしょうか。

カウンセリングをするカウンセラーも当然一人の人間です。

なので、苦手なこと不得手な分野があって当然です。

そんな分野があってもいいのですが

カウンセラー自身がそれを自覚していることが

とても重要なんですね!

そして、自分の不得意分野を見極め、

場合によっては、クライアントに伝えることが必要となってきます。

あとカウンセラーと精神科医の違いについても

お話ししますね。

医師は、診断、投薬などの治療をおこなうことができます。

上記のようなことはカウンセラーはおこなうことが出来ません!

では、カウンセラーには何が出来るのでしょうか?

治療などが出来ないかわりに、対話や心理的なアプローチなどを通じて

クライアントがありのままの自分を受け入れられるように

サポートしていくことが出来ます。

素晴らしいですね!!

ちょっと長くなったのでそろそろ終わりにします。

次回は・・・人の心について少しお話ししていきますね。

楽しみにしていてください♪

コトンからのお知らせです。

来年は、出産祝いにもご利用ただける商品をいくつか企画しております。

2月〜3月頃までには、ご紹介できると思いますので

楽しみにしていてください。

それでは、皆様、よいお年をお迎えくださいm(__)m

本年も有難うございました!!!



出産祝い・出産準備のコトン

人の心って不思議ですね!

前回の記事は、カウンセリングのルールについて

少しだけご説明しました。

この度は、皆様も興味がある内容かもしれません!

人の心にスポットを当ててお話しをしていきたいと思います♪

人の心は、「ガラスのハート」と言われるくらい

傷つきやすく、繊細でとてももろいものなんですね。

日常生活でも、

嫌なことを言われたり、暴言を吐かれたり、

コンプレックスに関することを言われたり

日常的に小さな心の傷が出来ていますよね。

ではなぜ?普段、人の心は壊れずにいるのでしょうか?

また、その言われて嫌な感情や気持ちは、

どこに行っているのでしょうか?

忘れているだけならいいですが・・・。

実は、人の心には「意識」「無意識」があります。

この無意識を発見したのは、

オーストリアの精神科医「フロイト」です。

私たちが今感じている意識は、

氷山の一角などの絵でも表わされているようにごく一部であり

その奥深くには自分では知らない「無意識」の世界が広がっているのです。

話を戻しますが、

日常的に受けた小さな心の傷や、

抱えきれない心の傷は、

普段の人の心のバランスを取り壊れないようにするために

この無意識が関連しているのです。

人には誰しも抱えきれないほどの欲求や欲望があります。

それらをすべて叶えさせたりすることは困難です。

それは欲求不満となり無意識の中に追いやられて

解き放たれることはありません。

人の心は、とても奥が深いのですね。

本当に人の心を理解するということは、

出来ないのかもしれませんね。

なぜなら、当の本人でさえ気付いていない

無意識の領域があるのだから・・・。

今日のアップは、こっそりとアップします。。

私の場合は、母親がとても苦労してきたのを

見てきたため、世の中のお母さんが

もっと楽しく子育てや育児、出産に臨めるように

サポートしたい!!

そんな思いを抱きながら

オーガニックブランド コトンベビーを運営しています。

お母さんと赤ちゃんに役に立てる商品を

企画し販売する。

また、出産祝いとして利用して頂くことで

有難う!やおめでとう!と言った

嬉しお声をつなぐことにより

出産っていいものだなと感じていただければと思っています(*^_^*)

もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、

多くのお母さんと赤ちゃんに喜んでもらうために

来年は、いろんな商品の企画を積極的に行って行きたいと思っています!!

皆様、よいお年をお迎えください。

本年も大変お世話になりました。

有難うございます。

今後ともご指導ご鞭撻のほど何とぞ

宜しくお願い致します。



出産祝い・出産準備のコトン

人の話を聞くということ。

新年明けましておめでとうございます!!

年が明けて、第1回目の記事になります。

本年も宜しくお願い致しますm(__)m

それでは早速、今日は傾聴(けいちょう)について

お話しをしていきたいと思います。

「人の話を聞く」ときいて

どう思われますか?

「簡単じゃん!」

それとも

「なかなか人の話聞けてないよね〜。」

私は、後者です。

カウンセリングの基本でもある「人の話に耳を傾けて聴く」と言うことは、

なかなか難しいことなんですね。

何故でしょうか?

本当にその人の全てを聞いているのでしょうか?

それとも・・・

自分が考える「枠」の中だけで聞いていませんか。

「傾聴」の”きく”という字は、

聞くではなく、聴くですね。

聴く=耳+10個の目+心

と書きますよね。

10個の目は、かなり見れますよね(笑)

カウンセリングでいう傾聴とは、

クライアントが言いたいことや伝えたいことを受容して、共感的に聴くが

傾聴の意味です。



出産祝い・出産準備のコトン

クライアントと接するときに大切なことは?

こんいにちは。

岡山はずいぶんと冷え込んでいますが、

皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか?

私はこの3連休、風邪でダウンしていました(>_<)

幸いにもインフルエンザではなく

ただの風邪でした。それでも辛かったです。

さて本日の話題は、クライアントと接するときに大切なことを

お話ししていきたいと思います。

今日のお話しは、カウンセリングを受ける

クライアントに限らず、色んな人間関係に応用できるのでは?

と個人的には思っています。

ご参考になりそうなところは、

育児や子育て、夫婦、職場でご活用ください(*^_^*)

.薀檗璽

ラポール?聴きなれない言葉かもしれませんね。

ラポールとは、フランス語で「つながり」「架け橋」と言う意味です。

カウンセリングにおいてラポールとは、

人と人との間が和やかな心の通じ合った状態であること

親密な関係にあることを言います。

親子関係、上司と部下、取引先との関係

どの人間関係にもラポールがあるのと

ないのでは、コミュニケーションのやり取りが違ってきますよね。

まず、カウンセリングでは、クライアントとのラポールを

成形することでクライアント自身が

不安や感情を表現できるようにします。

悲しいことですが

子どもと親との関係がラポールで繋がっていないと

子どもが自分の本当の気持ちや感情を

親に言えないですよね。

次に、⊆己開示です。

これは言葉を読めば、お分かりになる方も多いと思います。

自分の考えや気持ちから、自分今までの生い立ちなどを

隠さずに他の人に伝えることです。

クラアント自身が感じている感情や不安などを自己開示してもらことにより

より信頼関係が築きやすくなります。

実生活でも本当に仲のいい友人に

なんでも話したりすることないですか?

そんなふうになんでも話せる友人とは

長く繋がっていきたいですね。

今日はこの辺でやめておきます。

2014年がスタートして3週間が過ぎましたね。

昨年までは1月は、お店としてはゆっくりしていたのですが

今年は、結構大変な状況です。

有難うございます。

あと、昨年に新商品として登場しました

授乳がしやすいナイトガウンが

ご好評いただいております!

せっかく出産祝いに贈るならママにも使えるものを

と言うお声にお応えしてできた商品です。

今年もおめでとう!とありがとう!を繋ぐ

出産祝いギフトのお店として頑張っていきたいと思います。

また、今後は育児相談も積極的に行って行きたいと思っています。

ご希望の方は、メールしてくださいね。

本年も宜しくお願い致します。

コトン妹尾



出産祝い・出産準備のコトン

カウンセリングの方法。ママの出産前後・育児にもご活用ください!

今日のお話しは、「心理療法」についてです。

少しづつ本格的な内容になってきている気がするのは・・・私だけでしょうか(笑)

カウンセリングに用いられる心理療法の種類は

100以上もあるとされています!!

ただ、実際にカウンセリングを行う際に全部を覚える必要はないそうです。

今日お話ししたいのは、大きく分けた心理療法についてです。

心理療法は、大きく分けると「個人療法」と「集団療法」とに分けられます。

●個人療法とは、カウンセラーとクライアントが1対1で行う療法です!

●集団療法とは、クライアントの家族、同じ悩みを持つクライアントどうしによる

 計画的、組織的な集団の中で、痛みを分け合い、共感しながら行う療法のことです!

女性にはなじみが深いかもしれませんが、

アロマテラーピーも実は「芳香療法」と呼ばれる療法の一つなのです。

ストレスなどの緩和に有効だとされ、カウンセリングと

並行して行われることもあります。

クリアント自身に好きな香りを選んでもらい

香りをかぐことで臭覚から大脳へと働きかけ気持ちらリラックスします。

臭覚とか脳とか、なんだか難しい話になってきました。

ようは、精油エッセンスを用いて心身の緊張をほぐしながら健康な状態へ

改善していくことを目的としています!

次回はより具体的な心理療法についてお話ししますね。

ではでは!

少し春の気配を感じながら過ごしておりますが

皆様はいかがでしょうか?

今年は、これをやりたい!頑張りたい!と新年の抱負を1月に掲げられた方も多いのではないでしょうか?

私もその一人です。

やりたいことをする。

簡単なようですが、実は難しいことなのかもしれませんね。

ワクワク・ドキドキ!

子どもの頃は純粋に感じていた感覚も

大人になるにつれて忘れたり、常識に縛られたり

もちろん生きていくうえで、常識は必要ですが

心の底からの想いを実行することは、リスクや葛藤が付き物ですね。

自分の子育てにおいては、出来るだけその感覚を

大切にしてもらいたいと思いながら育児をしています。

子どもの時の感覚を忘れずに、

人の痛みが分かる大人になってほしいと思います。

少し欲張りですかね。

最後は、支離滅裂な文章になってしまいました(*^_^*)

お許しください。

最近、足踏みしている自分がいるので

ここで発散させていただきました!

ありがとうございます!!!!

最後に、少しだけ広告させて下さい!

ずいぶんとお待たせしていた布おむつが再入荷したしました!!

オーガニックコットン100%の布おむつは、

赤ちゃんのお尻にもとっても優しいお作りです。

よく、ご両親からの出産祝いにもご利用いただくことがあります

数十年前は、布おむつしかなかったんですよね。

今では考えられないです。

ただその布おむつが、現在もなお色あせないで残っていることを考えると

必要なものだからなんだと思います。

昔使っていて、是非自分の子どもにも孫にも

と言う方は出産祝いギフトにしてみてはいかがでしょうか?



出産祝い・出産準備のコトン

ページトップへ